【料理シリーズ】ワインに合う料理「牛肉の赤ワイン煮」の作り方

ワインはその風味とマッチするような料理を合わせるとさらにその旨みが増します。

その上で大事なのが、ワインの風味と料理の風味のベクトルを合わせることです!
なので、牛肉の赤ワイン煮のように、実際にワインをふんだんに使った料理も、ワインに合わせる料理としておすすめ。

アルコールでお肉は柔らかくなるので、ほろっと口の中でほどけるような牛肉は、簡単なのにちょっと贅沢な気分になるんですよね〜。

ということで、ぜひワインと合わせたい「牛肉の赤ワイン煮」の簡単レシピをご紹介いたします!

「牛肉の赤ワイン煮」の材料

【牛肉の赤ワイン煮(2人分)】

  • 牛肉…400g
  • 玉ねぎ…1個
  • 人参…1/2本
  • セロリ…1/2本
  • 赤ワイン…350ml
  • バター…大さじ2
  • 小麦粉…大さじ1
  • クローブ…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ2
  • 塩胡椒…適量
  • パセリ…適量

「牛肉の赤ワイン煮」の作り方

材料が用意できたら、実際に牛肉の赤ワイン煮を作っていきましょう!

材料を切ってワインに漬ける

牛肉を1人分の大きさに切り、玉ねぎ、人参、セロリを細切りにしてワインに漬けます。
この状態で冷蔵庫で一晩寝かせましょう。

寝かせた材料に火を通す

寝かせた食材を肉と野菜、そしてワインについても捨てずに分けます。

牛肉は表面に小麦粉をまぶし、鍋でバター、塩胡椒を熱したのちに表面にしっかりと焼き色を付けます。

全体的に肉が焼きあがったら一度肉を皿に移し、今度は野菜に火が通るように炒めます。

材料を合わせてワインで煮込む

野菜にも火が通ったらそこに肉と漬け込んでいた赤ワイン、クローブ、塩と砂糖を入れてひと煮立ちさせます。

ワインが沸騰したら弱火にして、3時間ほど煮込みましょう。

味を整えて付け合わせを添えれば完成!

煮込みが終わったら味見をしながら塩胡椒を入れた味を整えたら完成です。

付け合わせとして温野菜やポテトなどを添えると、ワインにマッチして最後まで煮込んだワインを美味しく堪能することができますよ。

「牛肉の赤ワイン煮」に合うワイン

牛肉の赤ワイン煮込みにマッチするワインとしておすすめなのは、料理でも使った赤ワインです。

全く同じ銘柄のワインを飲む必要はありませんが、牛肉の風味と合わせて、辛口で重厚感のあるワインを選ぶと牛肉とワインの濃厚なマリアージュを楽しめます!

ホカホカの赤ワイン煮と赤ワイン、ぜひ冬に食べたいメニューですね!

クリスマスメニューなんかにもおすすめですよ。

まとめ

牛肉の赤ワイン煮、レシピで見てもとっても美味しそうだと思いませんか?

赤ワインに含まれるアルコールは、繊維質な牛肉もしっかりと柔らかくしてくれるので、赤ワイン煮込みは世界各国で人気が高いです。
煮込みに向いているスジ肉を使うのも良いですね。

重厚感のある辛口赤ワインと赤ワイン煮は相性抜群!

ワインをたくさん使うので、手持ちのもう飲まない赤ワインを処理したい方も、ぜひ牛肉の赤ワイン煮に挑戦してみてください!