【料理シリーズ】ワインに合う料理「魚のポワレ」の作り方

たまには自宅でちょっとおしゃれでセレブな気分を味わうことができる料理を作ってみませんか?

彼氏を呼んで記念日のお家デート、家族の誕生日ディナーetc…

おしゃれで美味しい料理は食卓をいつもよりも華やかにしてくれます!
ワインと合わせると、まさにSNS映えディナーの出来上がりですね。

そのなかで、魚介類をいつもよりも美味しく見せたいのであれば、わたしがおすすめしたいのは「魚のポワレ」!

ということで、今回はぜひワインと合わせたい「魚のポワレ」の簡単レシピをご紹介いたします!

「魚のポワレ」の材料

【魚のポワレ(2人分)】

  • お好みの白身魚…2切れ(目安は80g/人)
  • バター…大さじ1
  • 小麦粉…大さじ1
  • 塩胡椒…適量

    ☆ソースの材料

  • 白ワイン…170cc
  • バター…大さじ2
  • 塩胡椒…適量

「魚のポワレ」の作り方

材料が用意できたら、実際に魚のポワレを作っていきましょう!

魚に下ごしらえをして焼き目を入れる

まずは好みの白身魚の皮の部分に小麦粉を軽くまぶし、次に身全体に塩胡椒を振ってなじませます。

しばらく寝かせてから、フライパンにバターを投入して軽く熱した後、皮目を下にして焼き始めましょう。

小麦粉を皮にまぶしたことによって、皮目がパリッと焼き上がります。

ポワレは魚が温かい方が美味しいので、全体的に焼き目が付いたらフライパンに魚を乗せたまま次の工程に進みましょう。

ソースを作る

魚を焼いたフライパンはそのまま、小さめの鍋でソースを作ります。

まずは白ワインを全て鍋に入れて煮詰めます。
じっくりと煮詰めて7割ほどの量になったら、バターを4回ほどに分けてじっくり溶かしながら加えていきます。

ここでバターを一気に入れてしまうとワインとバターの油が分離してしまうので気をつけましょう!

ゆっくりと泡を立てないように混ぜながらバターを全て投入することでだんだんととろみが出てきます。

ソースが完成したら、最後に塩胡椒を加えて味を整えたら完成です。

皿に魚とソースを盛り付ける

皮目がパリッとしたまま食べたいので、ソース→魚の順に皿に盛り付けます。
ソースを適量ずつ皿の上に乗せて、その上に魚を乗せたら完成です!

アスパラのソテーや人参グラッセなど、付け合わせに野菜を添えるとさらに華やかに仕上がりますよ。

「魚のポワレ」に合うワイン

魚、特に白身魚は上品な白ワインが相性抜群なので、魚のポワレについても白ワインを合わせましょう。

特にバターの風味が香ばしいポワレの場合は、しっかりめの味わいの黄色みのある白ワインがおすすめです。

さらに高級感を出したいのであれば、冷たく冷やした白のシャンパンを合わせるのも良いですよ!

まとめ

魚のポワレは料理としてはもちろんワインのお供としてもとてもおすすめしたいメニューです!

ちょっと特別な日の夕食に魚のポワレとワインを用意するのも素敵ですよね。

ですが、魚のポワレは手の込んだ風に見えて実はとても簡単なレシピでもあるので、手軽に食卓に並べることができます!

ぜひ家庭メニューのラインナップに魚のポワレを加えてみてくださいね。