【国別ワイン】日本ワインの歴史・味・おすすめまとめ!

ワインと言えばヨーロッパのお酒、と言うイメージがあるかも知れませんが、実は国産ワインにも美味しいものが今すごく増えているんです!

世界各国でも注目されている日本ワインの魅力、ぜひ知ってみませんか?

日本ワインの歴史

実は日本では奈良時代からブドウが栽培されていた記録があるんですが、それはあくまでフルーツとして、食用で栽培されていました。

そんな日本に「ワイン」という概念が入ってきたのが室町時代、歴史でも有名なフランシスコ・ザビエルたち宣教師が訪れたと同時に入ってきたようです。

当初はワインは舶来ものというイメージでしたが、文明開化の明治時代、近代化の足がかりとしてワイン醸造に乗り出しました。

そして山梨県に日本初のワイン醸造所が誕生したんです!
もちろん当初は技術や知識が少なく、美味しいワイン造りは難航しました。

そんな折、新潟県出身の川上善兵衛さんが、ブドウ栽培からワインの醸造までを1から学び、日本の気候に適したワイン醸造、そしてブドウの品種改良に挑戦しました。

そして、美味しいワインが出来上がったのは昭和初期のこと。
ようやく商品として売れる美味しい国産ワインが誕生したんです。

そこから日本のワイン醸造はどんどん軌道に乗り、最近では世界各国から評価を受ける美味しい日本ワインもさらに増えてきています!

日本ワインの味わいの特徴

日本ワインの味わいの特徴は、なんといっても上品な味わい。

特に日本ワインの場合、日本人ウケする白ワインが有名ですね。

繊細でフルーティな白ワインは、ワインでありながら日本食との相性も抜群で、最近では料亭などでも食事と合わせるためにワインを提供しているところが増えています。

おすすめの日本ワイン

ワインはまだまだ海外で造られたものが主流で、日本人でありながら日本産ワインを飲んだことがないという方も実はとても多いんです。

なので、ここで私が日本ワインを楽しむならまずコレ!とおすすめしたいワインを、何本かご紹介いたしますね!

赤ワイン

まずは赤ワインから。
赤ワインは濃厚で重たい味わいのものが多いイメージですが、日本の赤ワインはさっぱりしていて飲みやすいものが多いんです。

登美の丘 赤

有名な日本の飲料メーカー・サントリーから販売されている登美の丘は、赤ワインならではの芳醇な渋みがあるものの、初心者でもとても飲みやすいワインです。

価格:4,000円程度
味わい:まろやかな渋口
メーカー:サントリー

雅木花

甘口の赤ワインが好きなら雅木花がおすすめです。

この赤ワインは甘口で、赤ワインならではの酸味と甘みがしっかりと引き立っています。
アイスワインと言って、冷やして飲むのが推奨されているワインですよ!

価格:3,000円程度
味わい:甘口
メーカー:安曇野ワイナリー

白ワイン

日本は白ワインが強い国としても知られています。
白ワインについても要チェックです!

ジャパンプレミアム 甲州

ワイン品評会で様々な賞を獲得したにも関わらず、かなりリーズナブルで手を出しやすいジャパンプレミアム 甲州は白ワインのなかでかなりおすすめ。

上品な辛口ワインで後味がスッキリしているので日本食との相性も抜群ですよ!

価格:1,300円程度
味わい:辛口
メーカー:サントリー

余市ケルナー

お酒で有名なサッポロビールから販売されている余市ケルナーもさっぱりしていておすすめです。

フレッシュな風味があるのでパスタなどの洋食はもちろん日本食とも合わせやすい万人ウケワインです。

自宅で飲むのはもちろん、パーティへの差し入れなんかにも合わせやすいですよ!

価格:1,700円
味わい:辛口
メーカー:サッポロビール

まとめ

ワインは物によって様々な魅力があり、特に国産ワインは、日本人の口に合うように作られたものが多いです。

なので、日本人にこそ日本ワインは飲んで欲しいです!

苦節を経て造り出された日本ワインは美味しいものが様々で、海外では高値で取引されているものも多いですが、それらを安く飲むことができるのも日本だけ。

スーパーなどで気軽に購入できるものもあるので、ぜひ気になる日本ワインに挑戦してみてくださいね!