萌酒『とむりえ』

ストーリー

遠い昔、人類が世に誕生した頃、神と人間が共に生活をしていた。

神は、事あるごとに人々から祀り上げられ、人々はそうすることで万事を尽くす神の力を取り入れ成長してきた。

神は、祭り事を盛り上げる道具として「三種の神器」の代わりとして次のものを人々に与えた。

「酒器」「杯」そして「酒」である。

人々は、祭り事の度、神と、そしてそれぞれの人々とのつながりを保つため、また、より親しい関係を作るため、老若男女が酒を飲み、楽しい時を共有していた。
 
神は、人々が健康で、楽しい人生を送るために「酒」を創りだしたのだ。

日本では、神から酒を世に広めることを言い渡された仕えがいた。

その名は・・・「酔逸撫子」・・・神によって生み出された妖精であった。

酔逸撫子は「巫女」のようないでたちで酒を造り、世の人々に授けていったとされる。

かの有名な「三国志」(魏志倭人伝)には酒造りが「巫女」の仕事として始まったとされる記述がある。

おそらく「酔逸撫子」のことを詠っている文面であろう。

また、「日本書紀」には、天照大神の弟であるスサノオノミコトが八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するために八塩折
之酒(やしおおりのさけ)という八度にわたって醸す酒というものを造らせる記述があるが、やはり「酔逸撫子」が造ったのではないかと推測される。

俗には、天照大神が、気性の激しい弟(現在でいう「酔っぱらい」のような)=スサノオノミコトの性格を気持のよい気質(現在でいう呑んべい)に変えようと、真剣に悩み、涙したときに、その涙から生まれてきたのが酔逸撫子であるといわれる。

スサノオノミコトはその天照大神の思いを感じ取って、八岐大蛇を退治した際、その大蛇の尾から出てきた「草薙の剣」を天照大神に献上したとされる。

「草薙の剣」は戦いの道具ではなく「知恵の象徴」として表され、困難を打ち砕く力を授かる道具として、また、退魔の剣として考えられていた。

その剣に「酒」を吹き付けることで「清め」として邪悪を寄せ付けない象徴とされ酒と共に人々に重宝されてきた。
 
酔逸撫子の末裔である「トムリエ」たちはこの「草薙の剣」の力を得た剣を持ち、人々の豊かな酒ライフを守る妖精として今も存在するらしい・・・


トップページ

Copyright Tomu.Co.,Ltd. All Rights Reserved
萌酒『とむりえ』


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/jizake/www/tomulier/m/subpage1.php on line 133

Warning: file_get_contents(http://2adsense.jp/ad/index.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/jizake/www/tomulier/m/subpage1.php on line 133