ワインの色別、造り方の違いや理由について

お酒に詳しい方も詳しくない方も、ワインには赤と白の2種類があることは知っていますよね。

ワインによって、その色はもちろん風味にも様々な違いがあるので、人によって好みが分かれるでしょう。
私はどっちも好きですが、選べと言われたら赤ですね〜。

ですが、ここで純粋に疑問が出てくるのがこの赤ワインと白ワインには、どうして色や風味にここまで違いが出てくるの?ということ。

一言でワインと言っても、赤ワインと白ワインにはその原料や造り方に大きな違いがあるんです!

なぜワインによって色が違うの?

ワインの原料がブドウであることは、ほとんどの方が知っていることでしょう。
そのブドウには様々な品種がありますが、大きく分けると「黒ブドウ」と「白ブドウ」に分けることができます。

この原料の違いこそが、ワインの色の違いになるんです!
黒ブドウは一般的に赤ワインの原料で、ありませんが見た目はスーパーに売っている巨峰やデラウェアのように、紫〜黒色の皮を持つ小さめの実のブドウです。

これらを皮ごと使ってワインを造るので、赤ワインもブドウの皮のような濃い赤系の液体に仕上がります。

一方で白ワインは白ブドウを使います。
見た目は粒が小さいマスカットのような見た目をイメージしてみてください。
黄緑〜黄色系の皮が特徴です。

銘柄によっては、皮を剥いて赤の色素が出ないようにした黒ブドウを使うこともありますね。
これを使うことで、綺麗な白ワインが出来上がります。

赤ワインの造り方

では、原料がわかったところで実際に赤ワインの造り方をご紹介していきましょう!

もちろんワイナリーによって造り方には多少違いが出てくるので、ここで紹介するのはあくまで一般的な造り方、として考えてくださいね。

STEP.1
選果
黒ブドウを収穫して状態の良いものを選びます。
選ばれたブドウを破砕機に入れてブドウを潰し、発酵しやすい状態にします。
皮はもちろん入れたままです。
STEP.2
発酵
潰したブドウを樽の中で発酵させます。
この発酵によってワインの酸味やアルコール成分が発生していきます。
STEP.3
調整
発酵が終わったら、圧搾機(プレシュラージュ)を使って圧搾し、発酵後に残った皮や果肉を取り除きます。
その後、圧搾した液体をタンクで熟成させ、ワインの奥深い風味を出していきます(マロラクティック)
この時不純物がタンクの底に沈殿するので、何度かその沈殿を取り除きながら、ワインの味を整えていきます。
STEP.4
完成
赤ワインの場合熟成期間は最低でも1年ほど。
この熟成が終わったら、ワインは完成!
あとは瓶詰めされて出荷の時を待つだけです!

白ワインの造り方

次に、白ワインの造り方についても簡単に説明していきますね!

STEP.1
選果
白ワインに使うブドウを収穫し、選果したら破砕機に入れて発酵しやすい状態にします。
STEP.2
発酵
白ワインの場合、このあとすぐに圧搾を行なって、果汁を取り出し、発酵させます。
発酵するときの温度については、赤ワインより白ワインの方がやや低めが適温です。
白ワインの銘柄によっては、奥深い風味を出すためのマロラクティックを行いますが、さっぱりしたワインを造る場合は工程が省かれる場合もありますね。
STEP.3
熟成
樽の中にワインを入れて熟成させます。
熟成期間は赤ワインに比べると短めですが、実はここで使用する樽の材質によってまた風味が異なります。
同じ品種を使っても樽によって違いが出てくるのは、面白いですよね。
STEP.4
調整
赤ワインと同じように、熟成によって発生した沈殿物を取り除きます。
取り除くタイミング、回数はその白ワインの銘柄によって違います。
STEP.5
完成
綺麗な透明〜薄黄色系の液体ができたら完成です!
あとは瓶詰めをして出荷の時を待ちます。

まとめ

ワインは種類によって様々な違いがあり、造り方についても大きく違います。

使う品種、造り方、熟成方法など様々な部分によってワインの風味にバリエーションが出てくるんです。

それらの違いによるワインの風味の違いをさらに知っていけば、ワイン選びがさらに楽しくなりますよ!

【おすすめの赤ワイン】
【国別ワイン】オーストラリアワインの歴史・味・おすすめまとめ!

【おすすめの白ワイン】
【国別ワイン】フランスワインの歴史・味・おすすめまとめ!